竹ノ下祐二

竹ノ下祐二

理学療法学科 教授

中部学院大学

自己紹介

私の専門は霊長類学・人類学です。現生のヒト以外の霊長類の社会や生態の研究を通じて、人類の社会進化のプロセスを解明することを目指しています。主たる関心は育児行動や社会的発達、個体の生活史を通じた社会関係の変化です。現在は、アフリカ、ガボン共和国のムカラバ–ドゥドゥ国立公園を調査地として、野生ゴリラの生態研究を行っています。また、名古屋市東山動物園で飼育されているゴリラ(あの「イケメンゴリラ」シャバーニの家族)の行動観察も行っています。野外調査の傍らで、ゴリラをはじめとする野生生物の保全と、地域の人々の生活との調和を目指す活動にも関わっています。

興味・関心

  • 人類学・霊長類学
  • 生物多様性保全学
  • 子ども学

学歴

  • 博士(理学)生物科学専攻(人類進化論), 2000

    京都大学大学院理学研究科

  • 修士(理学)動物学専攻(人類進化論), 1995

    京都大学大学院理学研究科

  • 学士(理学)生物系, 1993

    京都大学

最新ブログ記事

org-captureの設定(OrgmodeでGTD)

この記事では、GTDのファーストステップである「収集(cap

OrgmodeでGTDに挑戦

新年度が始まり、また忙しい日々が始まりました。今の大学に移っ