オンライン授業の準備はたいへん!

新型コロナウイルスの流行にともなう措置として、当面のあいだ、「特別授業」として授業をオンラインでおこなうことになりました。

先週までは、やれ zoom だ、いや Microsoft teams だと、遠隔授業に使えるツールの検討ばかりに時間を浪費してしまいました。それで、動画試聴と moodle による双方向的な授業をやってみようと凝ったモデルを作り、同僚教員に学生役をやってもらって、30分くらいの模擬オンライン講義をやったりしました。そして、目がさめました。

いろんなツールを駆使して、いままでやったことのない形式でオンライン授業をやっても、労多くして益少なしです。模擬講義ででてきた課題をクリアすれば、そこそこちゃんとしたオンライン講義ができそうな気はしましたが、それにかかる労力たるや、通常の比ではありません。

Youtuber をめざしているわけではなくって、残念ながら通学して授業をうけられない学生に、学修機会を補償するという本来の目的にたちかえって、難しい技術をつかわずにやっていこうと決意しました。

ちなみに、模擬講義の教材として作った動画がこれです。ナレーションつきのパワポをmp4に出力しました。たった10分のプレゼンに原稿をつくり、何度もとりなおしをして、やっとこのクオリティです。これを毎週いくつも作るなんて、ぜったいむり。

竹ノ下祐二
竹ノ下祐二
理学療法学科 教授

専門分野:人類学・霊長類学、生物多様性保全学、子ども学