オンライン授業の説明音声を録音する

オンライン授業で動画や音声を行なう際の大きな課題は音質です。ためしに作成したプレゼン動画のナレーション (参考: 昨日の記事) は MacBookAir の内蔵マイクで録音しましたが、学生役をやってくれた同僚教員から、音質について厳しいコメントがありました。そこで、思い切ってヘッドセットを購入してみました。

購入したのはこれです。COVID-19のせいでみんながオンライン授業やビデオ会議をやりはじめ、ヘッドセットが品薄ときいていましたが▽、近所の量販店に普通に売っていました。

ロジクール ヘッドセット パソコン用 H600r ステレオ USBレシーバー経由ワイヤレス接続 充電式 ノイズキャンセリングマイク搭載 折り畳み式 amazon.co.jp

結論としては、ヘッドセット買ってよかったです。以下に、MacBookAir の内蔵マイク、iPhone SE 付属のイヤホンマイク、そして Logicool H600 の3つで自分の音声を録音した結果を示します。

  • MacbookAir内蔵マイク
  • iPhone SE 付属イヤホンマイク
  • Logicool H600

Logicoolのヘッドセットは、口元にマイクがあり、ノイズキャンセリング機能もあるため、クリアな音質で音量も十分です。それに対し、iPhoneのイヤホンマイクは声をよく拾ってくれるかわりにノイズが多い。内蔵マイクは音が小さく、くぐもっています。

というわけで、オンライン授業で動画や音声を配信する方は、品薄で入手に時間がかかっても、ヘッドセットの購入をおすすめします。

ただ、声質や発声方法にも大いに改善の余地があると思いました。ボイストレーニングしたい。

竹ノ下祐二
竹ノ下祐二
理学療法学科 教授

専門分野:人類学・霊長類学、生物多様性保全学、子ども学

関連項目